teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 黒檀の曲げ方

 投稿者:くま  投稿日:2017年10月30日(月)23時37分5秒
返信・引用
  いつもご返信頂き誠にありがとうございます。
なるほど、瞬間接着剤を使われているのですね。失敗が許されない作業になりそうです。しっかりと練習をした上で臨もうと思います。
 
 

Re: 黒檀の曲げ方

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年10月30日(月)22時35分46秒
返信・引用
  > No.15[元記事へ]

> 船首から船尾にかけてのメインウェールの緩いカーブ(黒檀の垂直方向の曲げ)についてノウハウあればご教授頂ければ幸いです。これまでウォルナットは水に浸して手曲げで所望のカーブを作り出していましたが、黒檀は固く同様の手法がなかなかうまいかずに頭を悩ませております。

船首から瞬間接着剤で多少強引に留めていけば、垂直方向でも緩いカーブ程度は曲がります。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

Re: 黒檀の曲げ方

 投稿者:くま  投稿日:2017年10月29日(日)09時09分50秒
返信・引用
  黒檀をバンドソーで切り出すところまではできました。
自分で切り出しを始めると色々な木材へのチェレンジも出来そうで、自分でトライしてみて良かったと思っております。選択肢の幅が広がったと思います。アドバイス有難うございました。
いよいよメインウェールに貼る作業前でまさにどうやって黒檀を曲げるかと考えていたところでした。
(ノコで素直に切り込みいれるのがいいのか・彫刻刀でV字カットがいいのか等々)
アップして頂いた技術資料参考にさせて頂きます。やはり画像を見せて頂けると作業イメージが湧いてきますので大変嬉しいです。
船首から船尾にかけてのメインウェールの緩いカーブ(黒檀の垂直方向の曲げ)についてノウハウあればご教授頂ければ幸いです。これまでウォルナットは水に浸して手曲げで所望のカーブを作り出していましたが、黒檀は固く同様の手法がなかなかうまいかずに頭を悩ませております。
黒檀は固くて使いこなしがとても難しく感じますが、この苦労が完成した模型に華を添えるのでしょうね。
 

黒檀の曲げ方

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年10月25日(水)23時06分30秒
返信・引用
  > No.11[元記事へ]

黒檀の曲げ方を以下のサイトに掲載しました。

参考にして下さい。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/20171025.htm

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

私がやりたかったこと

 投稿者:古田雄揮  投稿日:2017年 9月 7日(木)09時54分2秒
返信・引用
  こういうワインレッドのブルーワークをサティーネという銘木で再現したかったです。
SYRENでやっと実現できました。
中島さんに教わったことを参考に自分なりのやり方で応用して実現させました。
たまには私のブログに遊びに来てください。今後ともよろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/boketaro777/

 

Re: HMSビクトリーとハンター

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年 8月21日(月)23時26分21秒
返信・引用 編集済
  いつもModelShipBuilderをご高覧いただき、ありがとうございます

> ・HMS Victory
> ウォールナットが濃いような気がしますがこの段階ですでにオイル加工されているのでしょうか?

A.ウォールナットへのオイルは、磨き終わった時点で塗り重ねています。


> メインウェールは縞黒檀でしょうか?厚みも2~3mm程度ありそうでどうやったらこのように綺麗な曲線が表現できるのか只々感心させられるばかりです。

A.メインウェルは縞黒檀です。
5x5mm製材したものを5本重ねてはっていきます。
前部のカーブの強いところの黒檀の内側を2mmおきに厚みの半分ほどを「鱧(ハモ)の骨切り」のように切込みを入れて曲げます。
ザ・ロープオーサカの例会で解説したときの図が以下のサイトに載っていますので、参考にして下さい。

http://theropeosaka.sakura.ne.jp/wp/2017/08/27/%EF%BC%98%E6%9C%88%E3%81%AE%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90/#more-2535


> ・Hunter
> 右上から3枚目の手すりの黒檀の曲線は切り出しているのでしょうか?
> それとも曲げているのでしょうか?

A.前部の黒檀の手すりは切り出しています。そして両サイドにモールを入れた黒檀をはっています。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

HMSビクトリーとハンター

 投稿者:くまさん  投稿日:2017年 8月21日(月)23時16分22秒
返信・引用
  HMS Victory(4隻目)とHunter(3隻目)について、素直に感じたことを記載させて頂きます。
生意気なコメントございましたらご容赦下さい。

・HMS Victory
今の私には製作過程の画像が大変有益でとても参考になります。
ツゲ・黒檀・ウォールナットの組み合わせが私の理想的な組み合わせで目標です。
特にHMS Victoryの製作過程2/2の拡大画像は何度も拝見させていただきました。
ウォールナットが濃いような気がしますがこの段階ですでにオイル加工されているのでしょうか?
メインウェールは縞黒檀でしょうか?厚みも2~3mm程度ありそうでどうやったらこのように綺麗な曲線が表現できるのか只々感心させられるばかりです。

・Hunter
使用木材はやはり私の好みです。
右上から3枚目の手すりの黒檀の曲線は切り出しているのでしょうか?
それとも曲げているのでしょうか?
好みの使用木材なだけに次に製材をしつつ製作するにはとても参考になるな と感じました。

今後も中島様のホームページをお手本に帆船模型道を突き進んでいきたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
 

ザ・ロープ オーサカ 第41回 木製帆船模型展

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年 7月 3日(月)22時44分9秒
返信・引用
  ザ・ロープ オーサカ 第41回 木製帆船模型展が開催されます。
お時間のある方、興味のある方は是非、足をお運び下さい。
今年は、チャールズヨットとビクトリーを出展します。
この掲示板で参加表明して頂ければ、時間をとってお会いして話ができるので助かります。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

質問はいつでも

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年 2月14日(火)12時01分26秒
返信・引用
  > No.7[元記事へ]

製材、頑張ってください

返事は遅れるかもしれませんが、質問はいつでも、どうぞ

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

ありがとうございます

 投稿者:くまさん  投稿日:2017年 2月14日(火)11時56分38秒
返信・引用
  > No.6[元記事へ]

こんにちは。

色々と情報をご教授頂き誠にありがとうございます。

なるほど、ツゲを製材されているのですね。
私も好みの木材で製材できれば選択肢が広がりますので、製材できるようになりたいと今回強く思っております。

帯ノコは使ったことありませんが、自分なりに調べてみようと思います。

もし中島様のご迷惑でなければ今後も今回のように質問させて頂いても宜しいものでしょうか?

いつか、展示会などで中島様にお会いして直接帆船模型のお話ができる日を夢見て帆船模型道を突き進みます!
 

Elepahntのガンポート周り

 投稿者:中島 寛治  投稿日:2017年 2月14日(火)11時52分54秒
返信・引用
  > No.5[元記事へ]

はじめまして

HPをご覧いただきまして、有難う御座います。

私の外板の張り方ですが、ガンポートまわり(黄色の部分)は、柘植(ツゲ)を張っています。

ウエル(腰板の黒色の部分)は、黒檀で張りその他(茶色の部分)は、ウォールナットで甲板はタンガニカ等で張っています。

塗装はせず、亜麻仁油(ワトコオイルでも可)を使用しオイル仕上げにしています。

柘植や黒檀の外板の切り出しは、大変ヤッカイですが、商品として販売されていないので、独自で購入し、カットするしかありません。

私はプロクソンの帯ノコを使って製材しています。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/

 

Elepahntのガンポート周りに関してご教授頂けないでしょうか

 投稿者:くまさん  投稿日:2017年 2月14日(火)11時46分14秒
返信・引用 編集済
  初めまして。

帆船模型歴5年で現在Victory modelsのVanguardの製作を楽しんでおります。

Vanguardのマニュアルだとガンポート周りをウォルナットでとなっておりますが、私の好みとして着色をせずにオイル仕上げにしたいと考えております。

その際、ウォルナットですと黄色の表現が難しいと考えています。

いつも中島様のホームページ(model ship builder)を拝見させて頂いております。

中島様作成のElephant(Vanguard)のようなガンポート周りのように仕上げたいのが理想です。

中島様はどのような手法・木材でElephant(Vanguard)のガンポート周りのように仕上げておられるのでしょうか?

オイル仕上げで黄色に近い色を再現するためには有識者の方はどういった木材を使用されているのでしょうか?

木材とオイル種の組み合わせなどでも構いませんのでご助言頂けると嬉しいです。

私なりに調べる限り、柘植・アマレロ・ラミンなどが候補に挙がるのかと思いますが、自分で製材必要になりそうで敷居の高さを痛感している次第であります。

初のメールで厚かましく長文となり申し訳ございません。

中島様のご都合の宜しい時にでも返信いただけると大変うれしく思います。

失礼致します。
 

御礼

 投稿者:  投稿日:2016年12月19日(月)13時54分1秒
返信・引用 編集済
  中島様

早速のご回答ありがとうございました

そのようなサイズ・位置確認、思いもよりませんでした

まだまだ勉強不足痛感しました(長くプラモデル専門でしたので)
 

Re: ドルフィンの船体断面図

 投稿者:中島寛治  投稿日:2016年12月19日(月)13時51分45秒
返信・引用 編集済
  > No.2[元記事へ]

M様

 ホームページをご覧頂き、有難う御座います。
 ご質問の件ですが、ファイフィレールの実物の高さは、80cm~90cm位あるとすれば、ドルフィンの模型は50分の1ですので、甲板上から16mm~18mm位になると思います。

http://modelshipbuilder.la.coocan.jp/dolphyn.htm

 

ドルフィンの船体断面図

 投稿者:  投稿日:2016年12月19日(月)13時48分34秒
返信・引用
  おはよう御座います神奈川県秦野市在住のMともうしますいつみても素晴らしい完成品みとれております

お忙しい中恐れ入りますがご教授お願いがあり投稿させていただきました

コーレル社のドルフィン号ですが他のキットの説明図にあるような船体断面図の記載が有りません(ブルワークを内側からみた図)

ファイフレールの取り付けを例にしますと前後・左右方向はわかりますが上下(高さ)が解りません

中島様の作品をみてどの様に位置決めされたのかと思い問い合わせしたしだいです

宜しくお願い致します
 

掲示板が完成しましたキラキラ

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2016年11月 4日(金)15時26分30秒
返信・引用
  ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。
 

レンタル掲示板
/1